ジト目のレアコイルちゃん!

レアコイルの磁力線を利用して、パソコンのデータを破壊する事件が多発しているという。

わるクロコイル(第X回高槻方面旧裏大会使用デッキ)

こんばんは!あさりのみそしるです。

今回はぷーさん主催の高槻方面旧裏大会で使用したデッキを紹介します。

 

 

 

f:id:jetome_magneton:20210603202747j:plain

 

ポケモン

コイル(第一弾)×4

ズバット(拡張シート)×4

わるいゴルバット×2

わるいクロバット×4

ププリン×1

 

計:15枚

 

 

 

・トレーナー

オーキドはかせ×4

マサキ×4

マサキの転送装置×4

クルミ×4

スパイ作戦×1

ポケモン交換おじさん×1

モンスターボール×4

ポケモン育て屋さん×4

プラスパワー×4

ディフェンダー×3

夜の廃品回収×1

ロケット団のおねーさん×3 ★★★

くすぐりマシーン×1 ★★

パソコン通信×1 ★★

ポケモンぎゃくしめい×1 ★

 

計:40枚

 

 

 

・エネルギー

雷エネルギー×5

 

計:5枚

 

 

※高槻殿堂下での殿堂配分です。

新殿堂下では

 

Out

(ププリン)

コイル

 

In

(くすぐりマシーン)

ロケット団のおねーさん

 

あたりにして差し替えてみてください。

 

 

 

◎コンセプト

1ターン目の動き

ズバットを4体ベンチに並べる。

ロケット団のおねーさんやくすぐりマシーンで相手の手札に干渉する。

③(プラスパワーを含む)コイルの「でんじは」でバトルポケモンにダメージを与える。

 

 

2ターン目の動き

ポケモン育て屋さんを使いわるいクロバットに進化し、相手のバトルポケモンorベンチポケモンのHPが10になるようにダメカンをばら撒く。

ポケモンぎゃくしめいを使い、1ターン目でダメージを与えたポケモンを下げて、コイルの「じばく」で倒せるポケモンを呼び出す。

③プラスパワーやディフェンダーを貼り、コイルで「じばく」して相手のポケモンを全て倒す。

 

 

こちらもコイルがきぜつしますが、ベンチにわるいクロバットがいるのでポケモン切れにならず勝利!

 

 

3ターン目を迎えることなく勝ちを得るか、3ターン目を迎えて負けを得るか。

早期に決着がつく仕様のデッキに仕上げました。

 

 

 

先日行われたわるクロ研究会の結果を確認したところ、どの参加者もわるいゴルバットを経てわるいクロバットに進化するデッキを使用していたようで、言い換えれば3ターン以降もゲームを進行させることを前提にデッキを構築していると感じました。

旧裏では、わるクロコダックやわるクロゴースといったトレーナーロックをかけながらダメカンをばら撒いていく型と、わるクロピクシーやカスミウィニーわるクロ・わるクロストライクといったプラスパワー扱いで育てる型、ナツメのユンゲラーわるクロのような1体のバトルポケモンを2ターンかけてきぜつに持っていく型の3パターンにデッキ分布が分かれるのかなと勝手に思っています。(ぎゃくしめい多投型はあくまでも殿堂ポイントの割り振りによるものなので考えないようにします)

「こっそりかみつく」「とつぜんかみつく」と同効果を得たゴルバットクロバットが採用された新裏デッキはライチュウバット(ソー)ナンスバットがあり、前者はプラスパワー扱い+自分のベンチポケモンの数ダメージが上がるのでその一員として採用。後者はソーナンスが超タイプ以外のポケモンの特性(旧裏では特殊能力と同等とお考えください)を消す効果があるので、その特性で展開を止めつつわざ「サイコダメージ」(旧裏ではヨガのポーズと同等とお考えください)できぜつさせていきます。わるクロバリヤードが類似するアーキタイプです。

 

知ってる限りズバットからゴルバットを飛ばして(わるい)クロバットに進化する構築はなかったので、今回作って高槻ルールに持ち込んでみた次第です。

高槻殿堂のルールはポケモン15枚以上であり、大体たねポケモンの平均枚数が8枚以下でした。なので2キルできる可能性が大いにあるわけです。

 

 

 f:id:jetome_magneton:20210605184954j:plain

 f:id:jetome_magneton:20210605185010j:plain

この考えをもって朝早くにうっどくんに送りつけた案がこちら。

テストプレイ諸々付き合って上のような形に落ち着いたのは彼の協力があってこそです。この場をお借りしてお礼申し上げます。

 

 

 

 

◎カード個別解説

コイル(第一弾)

「じばく」を持つポケモンがこのカード以外にはレアコイル(第一弾・化石)、ゴローニャ(化石)、マタドガス(化石)がいますが、2エネでわざが使えるのはコイルだけなので採用。

進化するとベンチに撒けるダメージが20に上昇しますが、進化先が引ける可能性と3エネを貼ることがほぼ不可のためコイルのみになりました。

ポケモン15枚制限のためフル投入していますが、幻の3ターン目以降も見るのであれば1枚レアコイルを採用するのは検討の余地があると思われます。

 

 

 

ズバット(拡張シート)

どのズバットでも問題ありませんが、一番入手が困難なのがこのカードかと思ったので採用しました。

他の種類で正直問題ありません。

 

 

 

わるいゴルバット

ズバットをすべてわるいクロバットに進化させるのが理想ですが、わるクロや育て屋さんのどちらかがサイド落ちすると目論みが潰えるのと、高槻ポケモン15枚採用ルールを満たすために最低限の2枚採用。

相手のベンチポケモンの残HPを計算してわるいゴルバットで妥協できるのであれば進化して良きです。

 

 

 

わるいクロバット

このデッキのキーカード。

コイルの「じばく」のダメージから逆算して何枚このカードを使用すればいいかを考えます。

ポケモン育て屋さんを経由して進化するため、後述のモンスターボールポケモン交換おじさんで山札を確認するとき、サイドの何枚落ちたかを確認します。

基本的にはベンチポケモンを狙撃するのに使います。

相手のベンチポケモンのHPから「じばく」による10ダメージを差し引いたHPからわるクロ何体必要かを計算し、「とつぜんかみつく」を使っていきます。全ポケモンを倒し切る必要があるので宣言にミスが許されません。

育て屋さん依存のため、進化できるタイミングでは進化させていきます。

 

 


ププリン(neo2)

高槻だと殿堂から外れたベィビィ。

ポケモンの数埋めることとプテラわるいラフレシアが面倒なので採用。

高槻殿堂のデッキだとぎゃくしめい環境で入れ替え回答のカードも大体2枚採用されて、ヤミカラス(neo1)に殿堂が割かれている殿堂なんだからどう考えても入れ得なんですけど採用率低いんですよね。

プテラわるラフで詰んで後悔すればいいさ!

 



オーキドはかせ4マサキ4マサキの転送装置4クルミ4スパイ作戦1

どうしてもズバット4コイル1雷1くすぐりマシーンロケット団のおねーさんをサーチしたいのでドローソースは多めに。

手札をリフレッシュするウツギはかせは採用していません。

スパイ作戦はドローソース兼手札確認カードです。たねポケモンの数とトレーナーの数を把握してくすぐりマシーン使用の有無まで検討してください。




ポケモン交換おじさん1モンスターボール4

うっどくんのアイディア。モンボ4は正直やりすぎかもしれない。けど楽しい。

コイン次第では好きなポケモンをサーチできるのだから弱いってことはなく、空撃ちもできるので前のめりで使っていくことができます。安定とるなら交換おじさんを厚めに変えましょう。




ポケモン育て屋さん

とっても強いカード。絶対無駄撃ちせずにオーキドはかせ使う場合はクルミで戻すなどしましょう。

5枚以上本当は入れたい。




プラスパワー

バトル場のポケモンを確実に吹っ飛ばすためのカード。

これによって理論上HP80のファイヤー(拡張シート)まで吹っ飛ばすことができます。

1ターン目に雑にコイルに貼っても良し。その場合は「でんじは」で20ダメージ与えていきたいところ。




ディフェンダー

後攻1ターン目にコイルが必ず生き残ってもらうためと幻の3ターン目にサイド「じばく」するために採用。

正直あってもなくてもいい枠になりつつあるので別案有ればそっちに切り替えても良いです。




夜の廃品回収

最低限。

スパイ作戦等でやむなく切ったわるクロやエネルギーあたりを回収してください。




ロケット団のおねーさん

手札見て確定でトレーナーカードを戻せるカード。

これによって手札に抱えたドローソースを流してターンパスを狙います。

高槻殿堂では後述のくすぐりマシーンが殿堂入りしているので3枚の採用ですが、新殿堂ではフリーなのでおねーさんが4枚入ります。




くすぐりマシーン

コイントス次第では相手はトップで全てを解決しなければならなくなるカードです。

前述のロケット団のおねーさんではトレーナーは戻せてもたねポケモンを山札に返すことはできません。

1体でも多くたねポケモンを出されるとその分厳しくなるので、絶対数を減らすために採用しました。

現行の方はゲンガー&ミミッキュGXのわざ「ホラーハウスGX」がトレーナーカードでコインが表だったら成功って覚えて帰ってもらえたら嬉しいです。

高槻殿堂では★2ですが、新殿堂では規制がかかっていないので4枚まで採用できます。やったね!




ポケモンぎゃくしめい

相手のバトル場ののポケモンがベィビィポケモンだったりして、ここまでお膳立てしても倒せないのは正直悔しさしか残らないので、だったら好きなポケモン呼び出してやるわ!と強引な理由で採用しました。

元々はワープポイントでしたが、このカードじゃないと勝率が下がるのでおすすめです。

なお、このカードをプレイする前提で動くので2体目のコイルは極力置きません。




パソコン通信

何にでも化けられるカード。余ったコイルやオーキドなどをコストに育て屋さんなりくすぐりマシーンなりおねーさんなりサーチしてください。





◎大会の模様

1回戦 ぷー エンテイファイヤープテラ

先行取ってバトル場がファイヤー(拡張)のみであることと手札にオーキドエンテイファイヤーパソ通たまごの化石があることを確認し、おねーさんやくすぐりマシーン死ぬ気で表出して手札を使わせないことに成功。

展開するのに育て屋さん2枚くらいトラッシュに送ったせいでわるクロにならないことが確定。

先行1ターン目にプラパ込み「でんじは」→エネ貼ってターンパス→プラパモンボ表わるゴル「じばく」で勝ち。くすぐりモンボどちらかが裏なら負けてたゲーム。



2戦目 タコトプスさん マチスマルマインR団ストライクライコウ

先行取られるだけでも辛いのにドロソかクルミマサキの転送装置で止まる。

R団のストライクマチスビリリダマともう1体ベンチを展開されてどう計算してもダメージが足りず、こちらのクルミで戻しちゃいけないスパイ作戦戻しちゃってドローゴーしなきゃならなくなって負け。




3戦目 ねねしさん タケキュウ炎バレット

 いいスタートだったはずなのに後1でコイルが吹っ飛んでいき、ダメージが届かなくなるという痛恨のミス。この時のためのディフェンダーくんさあ…。

おねーさんして止めて立て直しを図るもトップウツギで解決されるという。今日はあなたが主人公!

負け。




4戦目 人生あまくん カプトプスブーバー。

壮大な事故だったのでコイルわるクロしてカブトブビィ倒して勝ち。2ターンキル。




ということで6位でした。

大会運営のぷーさん、対戦してくださった方ありがとうございました。


追記として同時期に受信したゴローニャも貼っておきます。

一度も回してないので回したらどんな塩梅か教えてください。


f:id:jetome_magneton:20210607231954p:plain

f:id:jetome_magneton:20210607232024j:plain

 

f:id:jetome_magneton:20210607232045j:plain


最後までお読みいただきありがとうございました。

旧裏面ポケモンカード SMB2021 6月予選開催のお知らせ

6月予選についてお知らせいたします。

 
 
・開催日:6月26日(土)
・開催場所:都内某所



・予選開催予定
6月予選(上位2名本戦進出)
8月予選(同上)
9月予選(同上)
10月予選(同上)
11月本戦
 
 

・大会スケジュール(時間に変更あるかもしれません)
9時:開場
(準備とかしてます。中に入っていただいて構いません。お手伝いしてもらえると嬉しい)
11時:1回戦
12時頃:お昼休み
13時あたり:2回戦
おそらく14時:3回戦
多分15時:4回戦
大まかに言えば16時5回戦(?)
16時50分:退場
 
 
・ルール
50分1戦勝負を採用。
時間内に終わらなかった場合、現在進行しているプレイヤーの次のプレイヤーの終わりまで継続。
→エクストラターンが終わっても決着が着かない場合、サイドの取得枚数が多いプレイヤーが勝ちとなります。サイドが同数の場合は、サイドカード1枚のサドンデスマッチを行っていただき勝敗を決めていただきます。
たねポケモンが初手で1枚しか無い場合、一試合一度に限り引き直しが可能です。(たね1マリガン)
その際、相手プレイヤーは通常のマリガンのようにご対応ください。
 ※デッキのシャッフルについては公式大会に準じたシャッフル要求にて行ってください。トラッシュについても同様です。
公式大会のガイドラインこちら

 
・参加費:500円(一律)
 
 
・その他
①事前登録制になります。
この記事に参加表明をしていただくか、twitterでDM(@seclet_oldpoke)してください。
 
②録画卓を設けさせていただいており、後日動画サイトにアップロードさせていただきます。
対戦前に録画卓のご案内をさせていただきます。もし、アップロードに抵抗がございましたらお申し出くださいますようお願いいたします。
 
③コインにつきましては公式が発売している商品(プラスチックのもの)に限ります。
メンコ等の紙製品やメダルの使用は不可です。
 
④コロナウィルス感染防止の観点からマスク着用でお願いします。また、会場によりますが、換気のために窓を開けたりすることがございます。
 6/2 追記
今回の会場のキャパシティは最大14人(運営含む)です。
つまり先着14人で募集します。

 
⑤緊急事態宣言の状況によっては開催を中止することがあります。
中止になりましたら都度連携いたします。
あらかじめご了承ください。


最後までお読みいただきありがとうございました。



f:id:jetome_magneton:20210601070145j:plain




6/19 更新
参加者一覧(敬称略)
・あさりのみそしる
・うっど
・のぶ
・ねねし
・なふだ
・ジャスト
・せつな
・よしのん

クロバットはなにかをおもいだした!デッキ

こんにちは!あさりのみそしるです。

 

先日の高槻オンライン対戦でマコマートさんがクロバット(neo3)デッキを使っていました。

 

マコマートくんといえば第一弾キュウコンマルマインポケモンぎゃくしめいについでクロバットのイメージが強い人。

この大会ではクロバットとピクシーのダブルアタッカーでした。

 

そういえばクロバットラインはわるいクロバットばかり採用していてクロバット自体でデッキを組んだのは旧裏復帰してからは記憶になかったわけで。

ならばクロバットをメインに据えてデッキを組んでみるかーってなったのが今回のことの始まり。

 

 

 

(研究所メンバーとの調整後)レシピ

f:id:jetome_magneton:20210509105242j:plain

 

 

ポケモン

ズバット(neo3)×4

ゴルバット(拡張シート)×1

ゴルバット(neo3)×2

わるいゴルバット×1

クロバット×2

ナツメのコンパン×2

ナツメのモルフォン×2

プテラ(neo3)×1

バリヤード(ジャングル)×1 ★★

エイパム(neo1)×1

ブピィ(イントロneo)×1

 

計:18枚

 

 

 

・トレーナー

オーキドはかせ×4

ウツギはかせ×4

マサキ×3

クルミ×4

ポケモン交換おじさん×3

なにかの化石×2

夜の廃品回収×2

エネルギーリムーブ×2 ★★★★

ポケモンぎゃくしめい×2 ★★

きのみ×3

ふうせんのみ×1

マダツボミの塔×1

 

計:31枚

 

 

 

・エネルギー

草エネルギー×7

超エネルギー×3

レインボーエネルギー×1

 

計:11枚

 

 

調整前レシピは

Out

ゴルバット(neo3)×2

ブビィ×1

わるいゴルバット×1

マダツボミの塔×1

 

In

ゴルバット(化石の秘密)×1

ゴルバット(拡張シート)×1

クロバット×1

抵抗力低下ジム×1

でこぼこジム×1

でした。

 

 

 

クロバットというカードとゴルバットというカードについて

 

クロバットというカードを評すると、どうしても低下力でダメージを刻んでいくorコイン依存であわよくば混乱させるという旧裏に復帰するまでは強さを見いだせないカードの1枚でした。

それでもマコマート氏の対戦を見ていく中で、ポケモンぎゃくしめいと合わせるとそこまで悪くないスペックを持っているカードだと再認識することになりました。

 

HP90で1エネもしくは3エネ起動だから2体目以降準備するのもお手の物。

デメリットとして考えるならば瞬間的に確定で60ダメージ以上出したい場合、コイン依存になるとストレスがかかってかかって。

 

 

 

そのデメリットを払拭するために確定で50ダメージ以上を与えるカードがあれば…。

そこで目を付けたのがゴルバット(拡張シート)

 

 

 

f:id:jetome_magneton:20210521234949j:plain

 

 

 

「きゅうこうか」というわざ4エネで確定60(もしかしたら自傷40ダメージ)与えられ、ダメージが乗ったら「きゅうけつ」で回復。

このゴルバットなにが問題かってHPが50で自傷すると残りHP10になってしまい、次ターンにほぼ必ずやられることなのですが、クロバットの状態でこのわざを使えばそこまできぜつすることがなくなります。

残HPが気になるのならば、「きゅうけつ」して与えたダメージ分回復すれば良いのです。

 

こうしてみるとクロバットゴルバット、一見シナジーがあるように見えてきます。

しかしながら覚えられる(使える)わざは2つ。

「きゅうこうか」と「クロスアタック」は両立できないのです。

なので進化前のわざが使えるようになる特殊能力をもつプテラ(neo3)を入れました。

これにより、急に降ってわいたイノムーにも強気で攻めていけるようになりました。

(もちろんコイン表出せる自信のある主人公はクロバットを使っていこう)

 

 

 

◎カード個別解説

ズバット(neo3)

草エネルギーが入る(わるいを含む)クロバットデッキなのでこのカードが第一に。

最近ではデデンネ捕獲キット要員であるカビゴン(拡張シート)対策に化石の方も採用の余地あり?となっているのでまさかズバットのメタが回るとは思わなんだなあというのが最近の感想。

 

 

 

ゴルバット(拡張シート)

このデッキの原点にして頂点。のはずが1枚残るだけに。

「きゅうこうか」で確定60ダメージを出せるのが魅力。

HP50で逃げるコストがかかることに目をつぶり、序盤に進化したところでわざが使用できないという点を見なかったことにすればかわいく見えてくる瞬間も。

イラストが青版のゴルバットっぽいのは僕と君だけの秘密だ。

 

 

 

ゴルバット(neo3)

化石の秘密ゴルバット含めてこのゴルバットが強いよねって結論になったのがこのデッキの結論。

1エネでわざが打てるカードってそれだけで価値があると思うの。

 

 

 

わるいゴルバット

本家マコマート氏の得意技。

生けるプラスパワー。

「ふらふらとぶ」でダメカンをばらまき続けてもいいぞ。

 

 

 

クロバット

HP90だけでえらい。

わざも1エネ3エネで使えるのがとてもえらい。

クロバットを研究してマコマート氏よりも良い結論を出すのが目的だったはずなのにゴルバット研究にシフダメ感しまったのが今回の敗因。

クロバットのことは他の人をあたってください!

 

 

 

ナツメのコンパン

プテラのメリットを共有でき、クロバットと弱点を分散させることができるので採用。

どく撒けるのとエネはがしできるのってたねだと優秀ですよね。

 

 

 

ナツメのモルフォン

このデッキを使って初めて「かいふくりんぷん」使いましたがいいわざですね。

 

 

 

プテラ(neo3)

このカードがいないとクロバットががんばってわざを使ってダメージを与えるデッキになっちゃうので出せるならベンチに出してください。

でも無理に出さなくてもいいです。

 

 

 

バリヤード(ジャングル)

クロバットで耐久するデッキなのにリザードンやカツラのウインディでワンパンされたら元も子もないのでさすがにこのカードに殿堂を割きました。

あわよくば「きゅうけつ」クロバットと併用してLOまでもっていくこともできるので、このカードは大事に使っていこう!

 

 

 

ブビィ(イントロneo)

さすがにベイビィは入れた方がというアドバイスをいただいたので。

 

 

 

エイパム(neo1)

LOデッキのお供。

 

 

 

ドローソース

枠の都合上15枚になってしまいました。

 

 

 

なにかの化石

最低限の枚数。

 

 

 

エネルギーリムーブ

主に鋼エネルギーを剥がしてハガネールに好き勝手させないようにしていこうな。

 ナツメのコンパン(モルフォン)と連続で使って相手に嫌な顔をさせよう。

 

 


ポケモンぎゃくしめい

ベンチで育とうとしているイワークにご挨拶の「きゅうこうか」をしていこうな。

 もしくは育っていないポケモンを呼び出して「きゅうけつ」や「かいふくりんぷん」で回復していこう。

ベトベトン相手にモルフォンで混乱させてもいいぞ。

 

 


きのみ

「きゅうこうか」で傷ついたゴルバットのお供に。

もしくは傷ついたバリヤードのお供に。

 

 

 

マダツボミの塔

最近ピクシーに親をしばかれたので。

 

 

 

◎感想

フォレ研で披露し、見事に爆死しこのように供養ブログ行きになりました。

上でも書いたようにクロバットを研究していたつもりなのに拡張ゴルバットを研究して紙束に昇華させるとは思いもよりませんでした。

 

「きゅうけつ」というわざで延々と回復し続けて、居座られるとまずい相手に「きゅうこうか」させれば強いのではないかと思っていました。

まさか本当に4エネ貼って「きゅうこうか」を宣言することになるとは。

人生何があるかわからないものです。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

購入したもの20210516まで

おたんじょうびでした!

なのでいつもよりも予算をいただいて色々と購入してました。




f:id:jetome_magneton:20210516221136j:plain

これはシティリーグ当日に地元のホビーオフにて。

赤ラベル110円。

この頃からどんどんのインテレオンが上がってきていて、2デッキ分欲しいなあと思っていた矢先でした。


この日のシティリーグは予選全勝決勝トナメ1没でした。たくさん対戦できて楽しかったです。(小並感)




f:id:jetome_magneton:20210516221350j:plain

この日食べたカツ丼です。験を担ぎました。

おいしかったのでまた行きたいです。






f:id:jetome_magneton:20210516221540j:plain

これは秋葉原で購入した旧裏です。

足りないところを中心に購入しました。

エネルギースタジアム、一時期デッキに必須レベルで採用してましたが、ここ最近はマダツボミの塔やでこぼこジムに枠を取られがちなので、今度このスタジアムを必須で採用するデッキを考えてみたいです。

夜の廃品回収は何枚あっても嬉しいのです。





f:id:jetome_magneton:20210516221929j:plain

お次はPCGとか。

ストレージに古いカードが綺麗な状態であるとついつい保護したくなりますね。

今は化石ヌケテッカをコツコツと使っていまして、ホロンシリーズのカードは本当に嬉しいです。





f:id:jetome_magneton:20210516222114j:plain

こちらはおたんじょうびということで奮発して。


いつも行きつけのブックオフをウォーク中に視察し、ショーケースに目ぼしいものないなあって通り過ぎる時、思わず二度見しました。

折れや擦れなく綺麗な状態で即購入という運びになりました。

いい買い物をしました。





f:id:jetome_magneton:20210516222309j:plain

多分吉祥寺のブックオフにて。

多分っていうのは職場用のカバンの奥底にあったから。

状態のいい汎用カードって嬉しいですよね。





f:id:jetome_magneton:20210516222456j:plain

f:id:jetome_magneton:20210516222515j:plain

ドラクエウォークがてら梯子したホビーオフにて。

ついつい買い過ぎてしまいました。


特にポッポ(PCG)を発見したときは最高級にテンションが上がったものです。

汎用カードが増えたので巣ごもりが捗ります。

今の時期、プライベートが充実していてなかなか紙をゆっくりと触れる機会がありませんが、徐々に落ち着くと思うのでオンラインで対戦する機会を設けていきたいと思います。



ということで新たに歳を取ったあさりさんでした。

今年もより充実した年にしていきたいのと、動きがある年にしていきたいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

わるラフポルターwithやさしいランターン(フォレトス研究所所長戦使用)

フォレトス研究所の所長戦で使用したわるいラフレシア+ゴースト(ポルターガイスト)デッキです。

完成されたデッキのバランスをいじってポケモンを一品追加したらどうなるかということと2種類のエネルギーを採用したらどうなるかをコンセプトに作りました。



f:id:jetome_magneton:20210502231107j:plain



ポケモン

チョンチー(neo3)×2

やさしいランターン×2

ゴース(化石)×3

ゴースト(ポルターガイスト)×3

ゲンガー×1

ナゾノクサ(ジャングル)×1

ナゾノクサ(R)×2

わるいクサイハナ×1

わるいラフレシア×1 ★★★★★★★★

アンノーンE×2

コラッタ(R)×1


計:19枚




・トレーナー

オーキドはかせ×4

エリカ×4

マサキ×4

クルミ×2

スパイ作戦×3

ポケモン交換おじさん×4

ポケモン育て屋さん×3

ロケット団参上!×1

ニセオーキドはかせ×2

ふうせんのみ×1

ロケット団の爆発ジム×2


計:30枚




・エネルギー

雷エネルギー×6

超エネルギー×5


計:11枚



感想

うっどくん戦で使用しました。

ピッピ(拡張シート)だったかタケシのマンキーだったかヤミカラスだったかププリン(neo2)だったかに蹂躙され、無事供養ブログ行きになりました。



トレーナーロック+ベンチ狙撃+「のろい」での確定数ずらしは、書いてあることは強力ではありますが、全てを揃えることは難しく。

エリカで揃え切った時には相手の手札も潤沢になるので上記の解決札が手札に入ってることが多いんですよね。そりゃそうだ。


最後までお読みいただきありがとうございました。

とある森鋼の超電磁砲(フォレトス研究 成果発表デッキ)

フォレトス研究所で披露したフォレトスデッキを紹介します。

 

 

 

f:id:jetome_magneton:20210405212158j:plain

 

 

ポケモン

フォレトス(neo2)×3

クヌギダマ(neo4)×3

メリープ(neo4)×3

わるいモココ×3

わるいデンリュウ×2

ヤミカラス(neo1)×1

ライコウ(neo3)×1

ミュウ(コロコロプロモ)×1

ブビィ(イントロneo)×1

 

計:18枚

 

 

 

・トレーナー

オーキドはかせ×4

ウツギはかせ×4

マサキ×3

ナツメの眼×1

クルミ×4

リサイクル×4

ポケモン交換おじさん×3

夜の廃品回収×2

ワープポイント×2

突風×1 ★★

エネルギースタジアム×1

 

計:29枚

 

 

 

・エネルギー

雷エネルギー×5

超エネルギー×2

レインボーエネルギー×4

無色2個エネルギー×2 ★★★★★★

 

計:13枚

 

 

 

フォレトスを主にした場合の戦術について

フォレトス研究所に所属して日々フォレトスデッキVS何かを見ていく中で、普段のデッキ構築でも大事ですが、「どうやってこのカードを含めて勝ちに持っていくか」を明らかにすることから始めました。

その結果として、殴れないフォレトスはバトル場に縛られて悲惨な一途を辿るため最低限殴れるように組むこと、わざの火力が高いわけではないので細かい打点を刻んでいくことの2点が必要だと感じました。

 

フォレトスのエネ拘束は鋼1無2と殿堂に含まれている鋼エネルギー(★1/8)と無色2個エネルギー(★3/8)のどちらかを採用することに。

鋼エネルギーは相手からのダメージを軽減できる効果のため殿堂カードになっていますが、ハガネール(neo1)のようにガチガチに固める戦術はフォレトスでは取れないと諦め、今回は無色2個エネルギーを採用する型で作ることにしました。

 

思い返してみれば新殿堂下で無色2個エネルギーを採用したデッキを組むのはほとんどなく、やむを得ず1枚ピン挿しする程度でした。

しかし、ピン挿しにすると引きたい時に引けず、デッキパワーが落ちるので今回は強気の2枚採用に。

他殿堂ではもう少し殿堂ポイントが軽くなっているので使いやすくなっているこのカードですが、今回久しぶりに旧裏環境で意識的に使ってみて思ったことは殿堂がかかるだけあってやはり強力なカードだということでした。

あとは勝ちにこだわりすぎるあまり、突風やエネルギーリムーブ、ポケモンぎゃくしめいに囚われすぎて殿堂ポイントが3のカードをピン挿しするに留めていましたが、2枚あると「オーキドはかせでトラッシュに送ったとしてももう一枚あるからまだワンチャン戦える!」と心の余裕を持てるのも発見でした。

フォレトスについての発見は他の人の記事を参考にしてもらえれば幸いです。

 

 

 

・カード個別解説

クヌギダマ(neo4)

他選択肢はneo2があるんですが、無色二個エネルギーを採用してるのとデッキの性質上、草エネルギーを採用していないのでこのカードを採用しました。

4枚採用だと腐るので泣く泣く3枚にしています。

初手にバトル場に出られても困るとか言うな。僕はすごく困った。

 

 

 

フォレトス

何故か熱烈なファンが多数いて研究対象になっているカード。某ランクでは今回の改訂でランクがダウンしたとのことですが、そりゃそうだろうと言うのが感想。

鋼エネルギーでガチガチに固めるデッキとして組んではいないため、レインボーエネルギーを絡めてゆっくりと育てて「こうそくスピン」で場を荒らしていきます。

 

ですが、正直序盤〜中盤はフォレトスではなくてわるいデンリュウ(わるいモココ)を育てていくのが望ましいです。序盤の「まきびし」は相手の入れ替え札も潤沢であまり旨味がなく、トレーナーロックや特殊能力ロックでスローテンポに持っていくのが無難です。

むしろ中盤〜終盤で育て切り、ライコウ(neo3)とヤミカラス(neo1)、コロコロミュウのどれかを共にしてスピンしてぐちゃぐちゃにしていきます。

 

中盤以降は「まきびし」のダメージが重要になるので2体用意することを心がけるとともに、相手のヤミカラスでバトル場に縛られないようにエネルギーは1枚必ず貼っておくこともポイント。

エネルギーリムーブが怖いので貼るのは基本エネルギーもしくは無色2個エネルギーから。

このデッキで大事なエネルギーはレインボーエネルギーです。

 

 

 

メリープ(neo4)

雷エネルギーを貼り続けると後述のわるいデンリュウでわざを使ったときにトラッシュに送らざるを得なくなるので他のエネルギーでもわざがつかえるこのカードを採用しました。

序盤から終盤まで場に1体は出しておきたいカードなので、枠が確保できるならば4枚に増やしたいです。

 

 

 

わるいモココ

このデッキを組む前からわるいモココの性能は強力だと思ってはいましたが、メインで使うことでより強固なものになりました。

コイントス次第でトレーナーロックができる「こうしゅうは」と、わざを受けた相手の特殊能力が消える「スタンウェーブ」を展開次第で切り替えることができます。優先的に使いたいのは「こうしゅうは」の方で、このわざが成功すれば相手のテンポを遅らせることができ、よりゆっくりと確実にフォレトスを準備することができます。

サイドの取られ方として、このポケモンが序盤2体までならばきぜつして構わないと考えています。夜の廃品回収でモココまでの1ラインを回収することを視野に入れ、終盤でわるいデンリュウ込みで3体場に用意することを意識します。

 

 

 

わるいデンリュウ

基本的には中盤〜終盤に登場。雷エネルギーを1枚貼っておき、逃げられるようにすることも忘れずに。

特殊能力「かんでん」の効果で逃げるために貼ったエネルギーでダメージが乗り、「まきびし」でダメージが乗ることでダメカンをばら撒きます。

もちろんデンリュウ自身のわざも50ダメージとこのデッキの中では最高打点を出すことができるため、早急に対処しなきゃいけない相手には使っていきます。無色2個エネルギーをフォレトスと共有することができるので、雷エネルギーを早い段階で貼っておきさえすれば充分です。1体出せればいいので2枚の採用。

 

 

 

ライコウ(neo3)

「こうそくスピン」後に出てきたポケモンが逃げなかったりして「まきびし」「かんでん」の旨みがないときにこのカードの「いなびかり」で強制入替を促すことで相手の想定プランを崩すことが狙いです。

わざもわるいデンリュウと同様に最高火力の50ダメージを出せるので、「いなびかり」でグチャグチャにしている間に育てておきます。

中盤以降のフォレトスの愉快なお友達その1。

 

 

 

ヤミカラス(neo1)

「こうそくスピン」や「いなびかり」で出てきた死に出し要員を捕獲して、その間にベンチ狙撃をしていくポケモン

あくエネルギーを採用していない関係上レインボーエネルギーを貼るしかないため、HP40からスタートするので捕獲するポケモンミスしたらまずいことになります。ベンチに出しておけば相手は意識をせざるえなくなり、大体突風やポケモンぎゃくしめいで呼ばれて倒されます。

なので最初に出すときはエネルギーを優先して貼らず、他のポケモンを育てるための撒き餌として使い、夜の廃品回収で回収してからが本番です。

中盤以降のフォレトスの愉快なお友達その2。

 

 

 

ミュウ(コロコロプロモ)

相手の場が進化ポケモンばかりならばこれ1枚で詰ませることができる強力なカード。「こうそくスピン」後の入れ替え先筆頭。

レインボーエネルギーのみならず超エネルギーを採用したのはこのカードを積極的に使用するためです。打点が低いのが玉に瑕ですが、「まきびし」「かんでん」でダメカンが乗っていくのでそこまで気になりません。不意に出てくるヤミカラスにご注意。

中盤以降のフォレトスの愉快なお友達その3。

 

 

 

ブビィ(イントロneo)

逃げ0。殴れるベイビィポケモン。「こうそくスピン」後の入れ替え先。ベイビィポケモンベイビィポケモンってだけで価値があるのです。

 

 

 

オーキドはかせ・ウツギはかせ・マサキ・クルミ・ナツメの眼

無色2個エネルギーを筆頭にトラッシュに送りたくないカードが多いのでマサキ少なめでナツメの眼を採用しています。

 

 

 

交換おじさん

安定の3枚。

 

 

 

夜の廃品回収

安定の2枚。

・わるいモココライン(1−1)とエネルギー

ヤミカラスとブビィ、エネルギー

が大体回収対象になります。

 

 

 

リサイクル

エネルギーリムーブで剥がされたり、オーキドはかせでやむなくトラッシュ送りにしたりしたカードを回収するためのカード。無色2個エネルギーを回収するものと思われますが、ワープポイントを回収したい場面の方が多かったりもします。

 

 

 

突風

ベトベトンとかプテラといったポケモンを呼び出して「スタンウェーブ」を打ち込み一矢報いたいために採用しました。確実にきぜつさせたい相手を呼び出すのももちろんありです。確定呼び出しカードって強力ですね。

 

 

 

エネルギースタジアム

わるいデンリュウのわざでトラッシュした雷エネルギーやミュウのわざを使うための超エネルギーを回収するために採用しました。ロケット団の特訓ジムとかを割るためにもスタジアムは採用しなきゃならない時代になったんですよ。

 

 

 

エネルギー

上記のとおり。

超エネルギーはピン挿だとサイド落ちが怖いので2枚の採用です。

 

 


・終わりに

煮詰める時間と友達がいたので毎週型が違うフォレトスデッキを見てはアイディアを再考していました。他者との差別化の中でリムーブ型から無色2個エネルギー型に変わり、ライコウ・ミュウ・超エネルギーまでたどり着けたのはよかったです。


別の方がたどり着いたキョウのベトベトン+バリヤード+キョウ秘伝ロジックは正直負けた!って思いましたけどね。笑


 ちなみにこのデッキタイトル、うっどくんからいただきました。これよりいいデッキ名は思い浮かばず、正直負けた!!って思いましたね。


最後までお読みいただきありがとうございました。

旧裏面ポケモンカード SMB2021 5月予選中止のお知らせ

参加者各位


先日の緊急事態宣言に伴い会場施設の利用が不可能になったため、5月1日に予定していたSMB2021 5月予選を中止とさせていただきます。


参加を楽しみにしていた方については申し訳ありませんが、また6月から予選会を開催する予定ではありますので、確定次第別途連絡いたします。