ジト目のレアコイルちゃん!

レアコイルの磁力線を利用して、パソコンのデータを破壊する事件が多発しているという。

20170422ビクトリージム公認旧裏勉強会開催レポート

わたくしが宮城大会に出場したため3月の勉強会ができなかったので、2ヶ月ぶりに勉強会を開催しました。


個人としては久しぶりの旧裏ということもあり、新デッキを2つに既存のが4の計6個、現行のデッキ3つを含めて9デッキケースを持ち歩いていました。
翌日肩に違和感を感じたのはそのせいだと思いました。

今回(も)、急な開催決定だったため参加者はいつものチンパンジーとてぃらさんの3人でした。
てぃらさんが上位に入賞し、ここは是非チンパンジーを育成してもらおうと思いました。わたくしの手にはもう負えません。


(今回の勉強会での写真がまったくなかったので、当日話した内容などをつらつら書きます。予めご了承ください)



1.チンパンジーに使いこなせるデッキはストライクプテラ

あまりにもわるいゲンガーデッキの運用が残念であるチンパンジーに頭を抱える二人が出した結論が「かんたんなてきすとならりかいできる」。
そこでてぃらさんの代名詞であるストライクプテラデッキを握らせ、てぃらさんにはあさり作の(わるい)ライチュウバットデッキを使用してもらい、対戦したのでした。

ブン回って2ターン目にはドードリオプテラが君臨するチンパンジーに対し、ドローソースにアクセスできず苦しむてぃらさんといった展開のまま押し切って勝ち。
その後はストライクプテラデッキの作成…ではなく、ライチュウバットデッキの反省会が始まるのでした。




2.カツラのリザードが流行の兆し

3人中2人が握ったカツラのリザード
この日は残念ながら参戦できなかったかかしくん大歓喜の環境では各々の個性が出ました。

2エネで固定30ダメージを与えるのと、3エネでコイン3枚投げて表の数相手ポケモン全員に表の数ダメージを与えるのは、最近流行りのひかるライチュウやわるいライチュウといったベンチ壊滅型のわざですね。
トラッシュコストが重いですが、カツラのポケモンは「カツラ」で加速が可能であるため、バクフーンと組み合わせて、コインの出次第とはいえども毎ターンダメージを与えることができます。

てぃらくんはリザード止まりでしたが、わたくしはリザードンまででデッキを構築しました。
今後使用デッキは紹介するとして、まだまだ煮詰めていく必要がありますが使っていて楽しいものができました。

カツラのリザードでベンチを殲滅させるのか、それともカツラのリザードンまで採用してダメカンばらまき→カツラのリザードンによる最小コストで倒していくか。
カツラのリザードン系統のデッキがこの春のトレンドになるのではないでしょうか・・・?




てぃらくんが使用したひかるライチュウデッキで採用されていたロジックです。
ベトベトン(化石)とマルマイン(第一弾)を組み合わせてひかるライチュウとカスミのギャラドスで殴るデッキでした。大変理にかなっていて強かったです。
速攻でエネルギーが重いポケモンを用意するためにマルマインを、カスミのギャラドスのデメリットを消すためにベトベトンを採用し、ひいては対戦者の特殊能力も封じてしまう優れもの。

カスミのギャラドスもひかるライチュウも殺傷能力が高いため、サイドカードを献上したところで巻き返せるのがポイントです。
最近のマルマイン速攻型の流行を見越してエネルギーリムーブの採用が上昇傾向にあると思われますので、エコロジムやリムーブ禁止ジムの採用も今後増えてくるのでしょうか?
個人的に剥がされたマルマインが戻ってきたところでサイドカードは戻らないため、リムーブ禁止ジムの採用がワンチャンあるかな?とも思ったり。



4.わるライバットデッキへのメス
わたくしが好んで使用して、最近ではウツボット杯終了後に主催者のネコアルツ師のエンテイデッキと死闘を繰り広げたことでおなじみのわるライバットデッキ。
チンパンジーをしたてぃらくんが、多少の問題があるとのことで急遽レシピの修正を行うことに。
わたくしは手札のかさばりを嫌って夜の廃品回収を1枚にしていたのですが、どうしても噛み合わない進化ラインを回収するのに2枚は必要だとか、エネルギーをスムーズに手貼りするにはといったかたちでバランスを整えていきました。
あーたこーだと意見をぶつけていくのはやはり楽しいです。
個性が出るデッキ構築、時には人の意見に耳を傾け、考え方を吸収することも大事だと思いました。
チンパンジーは一言も発していませんでした。


その後、3人でラーメンを食べました。
大のラーメン好きのてぃらくんとわたくしは勉強会後によく行くのですが、この日行ったのはつけ麺のお店「楽」。
わたくしはこのお店の油そばが大好きで、この日もいただきました。おいしかったです。

次の勉強会は新弾が出て大会が終わった後にでも。
関係者の皆様、よろしくお願いします。
(チンパンジー育成を)


最後までお読みいただきありがとうございました。